ゲンセン霧島 7ツ星 認定品
★★★★★★★

芋焼酎 なかむら

有限会社 中村酒造場
 霧島市ふるさと納税返礼品

「焼酎を世界に通用する蒸留酒にしたい」と溢れ出る熱量

明治21年(1888)創業時からつづく、蔵人の手によって麹を育んでいく「手造り製法」を大切にしている中村酒造場さん。
全国で1番酒蔵が多い鹿児島県の中でもこの製法を貫いている蔵は一割もありません。
この「手造り製法」を大切にしながら、挑戦を続けているのが6代目杜氏の中村慎弥さん。

2020年には、限定銘柄や芋焼酎の新酒をつくるなど新しい試みに挑戦。そして、中村酒造場が大切にする“麹造り”をさらに追求し、先人たちの作り方に挑戦した新しいブランドも2021年の発売。

会うたびに、溢れ出る熱量で語られる新しい発見やチャレンジの数々が、自然とみんなをワクワクさせてくれます。

認定品紹介
認定品名 芋焼酎 なかむら
認定品情報 焼酎造りの中で最も重要な工程である”麹造り”に使われる米を地元霧島市のカルゲン農法で生産されたヒノヒカリを使用し、明治時代から続く製法を用いて焼酎造りを行なったこだわりの一本です。
「なかむら」は”手作り製法”という特殊な製法を行なっております。現在、鹿児島には114もの焼酎蔵があり、全国でも1番酒蔵が多い県となっていますが、その中でもこの製法を貫いている蔵は1割にも満たない状況です。手仕事で造るからこその深いコクと味わいが全国のお客様にファンになって頂けている秘訣だと自負しています。
事業者名 有限会社 中村酒造場
住所 霧島市国分湊915
問い合わせ先 0995-45-0214
Webサイト http://nakamurashuzoujo.com
SCROL DOWN