ゲンセン霧島 7ツ星 認定品
★★★★★★★

駅弁「百年の旅物語かれい川」

森の弁当「やまだ屋」

「駅弁を買いに嘉例川駅に行きたくなる」旅の楽しみを届けるお弁当屋さん

明治36年(1903年)に開業し、110余年の歳月を刻んできた「嘉例川駅」。この嘉例川駅で、地元霧島の素材にこだわった郷土料理のお弁当や惣菜を届けるやまだ屋さん。

JR九州主催の「九州の駅弁ランキング」で3年連続1位となるほど人気となった今も「年間を通して沢山のお弁当を作るが、お客様が食べるのは一つ。100個作っても、一つを大切に丁寧につくる」と昔と変わらない気持ちで、一品一品丁寧に手作りする事にこだわっています。

嘉例川駅を訪れ、110余年以上の歴史を感じ、その土地の昔ながらの料理を味わう、そんな旅の楽しみを届けています。

認定品紹介
認定品名 駅弁「百年の旅物語かれい川」
認定品情報 鹿児島県内で最も古い木造駅舎「嘉例川駅」をイメージした駅弁「百年の旅物語かれい川」。
2004年の特急列車「はやとの風」の運行開始に合わせて登場しました。

竹皮で作られたお弁当箱を開けると、店主の山田さんが母親から受け継いだ味である椎茸と筍をのせた「炊き込みご飯」、
おかずには、鹿児島の郷土料理「がね」や、コロッケ、煮物の春巻、かぼちゃと茄子の味噌田楽など野菜を中心とした料理が広がります。

嘉例川に旅してきた人たちが、我が家に帰ってきたような思いになってほしいと地元ならではの食材と味付けで、やまだ屋さんの優しい気持ちが詰まったお弁当です。
事業者名 森の弁当「やまだ屋」
住所 霧島市隼人町小田1672−2
問い合わせ先 090−2085−0020
Webサイト https://yamadaya-bento.com
SCROL DOWN