霧島の「食」ブランドを日本全国、そして世界へ
霧島は、日本で初めて国立公園として指定された悠久の大自然が残り、
霧島山を舞台とする天孫降臨伝説が伝わる神話の里です。
「地域を丸ごと味わう」というガストロノミーの考え方で、
霧島の大自然が育む水や農林水産物、先人達が連綿と築いてきた食の知恵と技、
食文化を活かした「美味しい霧島」を創造していきます。

霧島ガストロノミー推進協議会の発足

霧島ガストロノミー推進協議会は、「食」にまつわる様々な分野を融合させながら地域の食文化を生かす「ガストロノミー」の理念に沿って、長年培われてきた「食」の伝統を尊重しながら地域経済の活性化や交流人口の拡大を図るため、霧島市内の産学官組織が連携して2017年に設立した組織です。

きりしま食の道10カ条

この10カ条は、霧島が目指す食の方向性を内外に向けて浸透させるために、2017年度に霧島ガストロノミー推進協議会が発足後、最初に取組んだ事業です。
霧島ブランド推進部会(千葉しのぶ部会長。部会員10名)において、約半年間かけて「他地域との違いを出せる霧島らしさ」「霧島における地域課題の解決」「世界のトレンド・市場性」という3つの視点を持ち、一つ一つの言葉を丁寧に議論しながら、10個の条文として紡いだものです。

01 地域性

暮らしの源である霧島山に深い敬意を込め、自然の恵みを共有しよう

02 神事・風習と食文化

天孫降臨の地である霧島の食のルーツを体験しよう

03 職人気質

先人たちが連綿と築いてきた食の知恵と技、想いを未来に残そう

04 地産地消

霧島が育む食材を学び、使い、みんなで楽しく食べよう

05 伝統と革新

受け継がれてきた霧島の食文化をいかし、新たな霧島の食に発展させよう

06 健康志向

霧島の食材で健康や美に繋がるような食べ方をひろめよう

07 環境型

霧島の食を育む山、川、里、海を大切にし、命の循環を守りつづけよう

08 創造性

ワクワクする新しい食の創造にチャレンジできる霧島をつくろう

09 もてなしの心

霧島人(びと)として、思いやりと真心で、霧島でしか味わえない食の記憶を贈ろう

10 褒め合う食文化

霧島の多様な食文化を互いに認め「褒め合う食文化」を築こう

霧島ガストロノミーアンバサダー

霧島の食を広くPRしていただくため、ブランド審査委員である8名の方々に、霧島ガストロノミーアンバサダーを委嘱しています。

  • 本田屋本店(有)
    代表取締役社長
    本田 勝之助
    1974年、福島県生まれ。地域プロデューサーの先駆けとして常にそのモデルを地域へ示し続け、農業から教育、伝統工 芸、観光、移住、輸出、インバウンド、スマートシティーまでその領域は幅広いのが特徴。会津福島をはじめとする全国(新潟県、三重県、広島県など30地域)の農産物・加工食品、伝統工芸品、観光など総合的な地域(都市)ブランド戦略の専門家。幅広い分野の商品開発・ブランディング・海外輸出・インバウンド戦略や企画展示PR、販路マッチング等を行う。地域の課題や資源に合わせて専門家チーム(国内外)を作り各種プロジェクトに当たる。多岐にわたるネットワークの豊富さと長年の地域プロデューサーとしての実績による幅広い課題解決ノウハウの蓄積が強み。
  • 東京農業大学 教授

    江口 文陽
    1965年群馬県生まれ。東京農業大学大学院農学研究科博士後期課程修了(農学博士)、日本学術振興会特別研究員、東京農業大学非常勤講師などを経て、2004年、高崎健康福祉大学健康福祉学部教授。2012年4月より、東京農業大学地域環境科学部教授。ほかに日本きのこ学会理事、日本菌学会評議員、日本炎症・再生医学会評議員、日本食品保蔵科学会評議員、日本木材学会研究強化・企画委員、環境省環境カウンセラー、東京大学大学院非常勤講師なども務める。
  • フレンチ割烹ドミニク・コルビ
    フレンチシェフ
    ドミニク・コルビ
    1965年パリ生まれ。パリの2つ星レストラン「ル・ダストヴァン」やホテルインターコンチネンタルパリのセクションチーフとして修業を重ね、1991年「ラ・トゥールダルジャン」パリ本店副料理長に就任。1994年「ラ・トゥールダルジャン東京店」でエグゼクティブシェフを務める。2002年からはホテルニューオータニ大阪「サクラ」の総料理長や銀座「ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン」エグゼクティブ・ディレクターに就任。ミシュランガイド東京の発刊以来4年連続1つ星を獲得している。現在は東京、フランスを精力的に行き来し、割烹フレンチ「Dominique Corby」を取り仕切っている。趣味はテニス、ゴルフ、乗馬、ワイン・チーズの醸造、旅行。
  • Makuake 代表取締役社長

    中山 亮太郎
    1982年4月11日 東京都で生まれ。2006年、新卒でサイバーエージェントに入社。社長アシスタント、メディア事業の立ち上げを経て2010年からはベトナムにベンチャーキャピタリストとして赴任し、現地のネット系スタートアップ企業への投資を担当。2013年に株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングを設立し、代表取締役社長に就任。「Makuake」を新しいプロジェクトが生まれる社会的インフラにするため、日々奔走している。顧客のニーズを把握した状態で、新たな製品づくりに取り組めることが、クラウドファンディングの持つ新しさ。 著書に「クラウドファンディング革命」
  • 一般社団法人ミス日本協会 理事

    和田あい
    ミス日本コンテスト事務局ビューティプロデューサー。50年以上の歴史を持つ和田式ダイエット法の3代目継承者。
    早稲田大学教育学部卒業後、国内をはじめ、ロンドン、パリなどヨーロッパでファッションや文化を学ぶ。その経験を生かし、最終選考に残った候補生の指導を半年間にわたり行い、“やまとなでしこ”に象徴される「日本女性の美」へと心身共に導いている。
  • NPO法人かごしま探検の会
    代表理事
    東川 隆太郎
    昭和47年鹿児島市生まれ。鹿児島大学理学部地学科卒業。平成13年、NPO 法人まちづくり地域フォー ラム・かごしま探検の会の設立に関わり、現在代表理事を務める。地域資源に関する新たな位置付けや価 値付けに関心を持ち、まちづくりに活用していく活動を展開中。鹿児島県内及び九州各地で観光ボランティア ガイドの育成・研修に従事するなど、自他ともに認めるまち歩きのプロでもある。県内の歴史を機軸とした近代 化産業遺産・温泉・地域資源の活用・まち歩きなどをテーマに、講演活動やコーディネート活動を行い、鹿児 島、そして九州の魅力を、観光・教育・まちづくりに結び付けている。
  • NPO法人くすの木自然館
    代表理事
    浜本 奈鼓
    くすの木自然館は、人と自然との持続可能なつきあい方を提言し、鹿児島の豊かな自然を後世に、よりよい状態で引き継ぐことを目的とした団体です。1995年に設立、2000年に鹿児島県より特定非営利活動法人(NPO法人)として認証をうけ活動しています。この法人は、子どもから大人、障がいを持つ人々など幅広い層を対象に、環境教育、自然教育、野外教育、地域文化教育などの企画、運営など環境学習に関する事業を行い、自然と人、人と人との豊かな出会いの場と情報を提供し、自然と人との調和の取れた生活意識教育と豊かな自然の保全に寄与することを目的とする。(定款より)
  • 水産庁漁政部
    加工流通課 課長
    天野 正治
    1971年、横浜市出身。1995年農林水産省入省、大蔵省、千葉県野田市、兵庫県への出向を経て、2014年農林水産省政策課「食」ビジョン推進室長、「ミラノ国際博覧会」チャレンジ本部事務局長を務めた。同博覧会では食料と農業をテーマにした「日本館」において、日本型農業の展示を行い世界に紹介した。その後、農林水産大臣秘書官、TPP調整グループ長、大臣官房参事官、輸出拡大チーム長などを歴任し、現在は、水産庁加工流通課長として日本の水産資源を世界に向けて発信し、日本の食全体を盛り上げている。
SCROL DOWN